ブロードバンド回線を使用するWifi接続

無線LANではLANケーブルの代わりに、親機と子機の間で電波をやり取りしてインターネットに接続したり、ネットワーク上での機器を利用したりします。

まずは無線LANには、親機と子機が必ずあるというWifi接続の大原則を確認しておきましょう。

家庭では子機に対応する無線LANルーターという親機を用意し、モデムまたは回線終端装置にLANケーブルで接続します。

1台の親機に子機の機能を内蔵するパソコンやプリンタ、アイフォン、アイパッドなど複数の子機を接続できます。
また子機を内蔵していないデスクトップパソコンや、テレビなどのAV機器には親機に対応する外付けの子機を別途用意して取り付ければ、無線LANを利用することができるようになります。

オリジナリティに富むWifiの回線情報といえばこちらです。

パソコンや携帯情報端末などからプリンタで印刷したり、テレビの大画面に映像を映したりというように子機から子機にデータを送りたい場合は、親機を介してデータをやり取りします。



相互接続性が認証された無線LAN(Wifi)対応の機器同士でも、子機同士だけでWifi接続したりデータをやり取りしたりすることはできません。



なお無線LAN(Wifi)の場合もインターネット接続には有線LANと同様に、ブロードバンド回線を使用するためプロバイダー(インターネット接続事業者)への加入と、回線使用料は必要になりますがデータをやり取りするに当たっては通信料金はかかることはありませんので安心してください。